学校長挨拶

第18代校長 平 野 道 雄

第18代校長

 本校のWebページをご覧いただき、ありがとうございます。令和2年度より引き続き令和3年度、本校の校長を務めます平野です。よろしくお願いいたします。

 

 本校が設置されている滝川市は、石狩平野の北部(空知平野)の丘陵地帯に位置し、石狩川と空知川が寄りあう自然環境に恵まれた地域です。風雪の厳しさに耐えて生きぬいた開拓者の精神をしっかりと受け継いだ、たくましく、知性豊かな市民により、中空知の中心都市として農業・工業・商業が一体となって発展しております。

 

 そうした滝川市の市立学校として昭和48年4月に設立された本校では、「志ある者は 事ついに成る」を校訓に、商業科と普通科のそれぞれの学科の特色を生かし、地域や社会の期待に応える生徒を育成する充実した教育活動が実践されています。開校以来「文武両道」を目標に掲げ、教職員の共通理解と協働体制のもと、生徒一人一人の個性・能力・目標に応じた学習指導、組織的な教育相談体制ときめ細かな生徒指導、将来を見据えたキャリア形成を図る進路指導、生徒の主体性を伸長させる生徒会活動や加入率約90%の部活動の指導などを通して、生徒が大きく成長し、卒業生からは「滝川西高校」で学んで良かったとの声が多く寄せられております。

 

 近年では、本校が育成を目指す資質・能力を明確にするとともに、時代の変化をとらえた新たな商業教育の創造に取り組む情報マネジメント科の最初の卒業生を令和2年度に送り出したほか、これまでの文部科学省の研究指定等の成果を継承し、令和3年度から全国の約100校で構成されるスーパー・グローバル・ハイスクール・ネットワークに参加するなど、新型コロナウイルスの感染症対策を講じながら、できる限りの教育活動の継続と充実を図っているところです。特に今年度は、「滝西(たきにし)」の4文字を頭にした「たくましく きらめいて にこやかに しなやかに」を合言葉に、学校経営に取り組んでまいります。

 

 令和4年度には、50期に当たる現在の2年生が3年生になることから、強い母校愛でつながっている同窓会や、生徒のため緊密な連携・協力関係にあるPTAとともに50周年事業が計画されております。こうした節目も追い風に、地域や保護者の方々の信頼に応える魅力ある学校づくりをさらに推進するとともに、本Webページで学校の取組や生徒の様子を発信してまいりますので、一層のご支援とご協力をお願い申し上げ、挨拶といたします。